Tシャツプリントの部分の生地の取り扱い

気をつけること

Tシャツプリントの部分の生地の取り扱いは
理解していないとすぐにプリント部分が
剥がれ落ちてしまう恐れがあります。

これはどうしても長く使用していると
寿命は来てしまうものですが、これを
長持ちさせる方法はあります。

剥がれる原因は洗濯にあります。
本当にお気に入りのTシャツの場合は
ネットに入れて、1枚だけで洗濯機を回します。

洗濯ネットを使うだけでだいぶ実感として
持つようになります。

洗濯物が重なることで絡み合いこすれるのですが、
それがTシャツプリントが剥がれる原因となります。

それが1枚だけで洗濯すると手間や水道代は
かかるかもしれませんが、お気に入りのTシャツでしたら
こだわってそこまですれば間違いはありません。

またTシャツを裏返してからネットに入れると良いです。

ここまでやっていたら首周りなどがヨレるのも
気になる所なので、洗濯後も大きなハンガーで
首周りをヨレるのを防いでみると良いと思います。

乾燥機を使う場合でも裏返してから使用します。

長持ちさせるため

Tシャツプリントを自分でするキットについて

Tシャツプリントを自分でするキットが最近流行しています。
手作りの感覚を簡単に味わえて、Tシャツという
普段の生活で使用しているものを作れるっていう楽しみは
なかなか得られないものです。

自分でどのようなイラストにするか考えて
原稿となるものを用意します。

シルクスクリーンフィルムの上から原稿をのせて、
キットを使って感光し、フィルムを水洗いをしてから
しばらく乾燥させます。

あとはフィルムを版に取りつけてシルクスクリーン版の完成です。

流行りの

そういった板を色ごとに作っていき、Tシャツを下にして
インクをのせていき、刷っていくことで印刷ができます。

印刷後はTシャツを乾燥させれば完了です。
多色使う場合は色の度に乾燥させて刷っていきます。

アイロンプリントなどとは異なり、シルクスクリーンでの
Tシャツプリントは耐久度が強く、自作のオリジナルTシャツを
長く楽しめるのでお薦めです。

キットさえあればやり方も具体的に載っていて簡単に作れます。

簡単に楽しむ

Tシャツプリントが落ちるのを防ぐ方法

せっかくオリジナルのTシャツプリントを考えて
自分だけのTシャツを作っても、長持ちしなかったら
もったいないですよね。

しかしTシャツプリントは落ちやすく、手入れをできるだけ
丁寧にしなければならないものでもあるのです。

取り扱い方

まず気をつけたいことは、洗濯後に乾かす時や
たたんでおく時に、プリントがある面どうしを
重ねないことです。

重ねてしまうと、プリントどうしがくっついて
剥がれてしまうことがあります。

また洗濯中に、Tシャツのプリント面と他の衣類が
からんだり、こすれたりするとプリントが傷んで
落ちる要因になってしまいます。

洗濯する時にはTシャツは裏返しにして、
無理にたくさんの洗濯物と一緒に
洗わないようにしましょう。

大事に使う

ネットに入れるとより安全に洗うことができますが、
この時もひとつのネットにたくさんの衣類を
入れてしまわないように気をつけましょう。

気をつけることが多いですが、丁寧にTシャツを
扱ってあげれば、そのぶんだけ長持ちしてくれます。